社長メッセージ

工業電解から始まったプラント技術で
環境の保護と豊かな社会の実現に貢献しています。

当社は日本におけるソーダ工業のパイオニアであるダイソー株式会社(現 株式会社大阪ソーダ)のプラントエンジニアリング部門から独立し1975年に設立され、プラント操業・維持管理ノウハウを基盤とするエンジニアリング会社として化学産業発展に貢献してまいりました。

設立当初より、プランニングから設計、施工、試運転、維持管理まで、高圧ガス・危険物の取扱から環境分野まで、幅広くお客様のご要望に応える事で無機・有機化学プラント、水処理プラント、医薬設備、物流基地等の様々な産業分野に取り組んでおります。

2008年にはダイソー株式会社(現 株式会社大阪ソーダ)からの事業譲渡により金属電極の製造販売を開始いたしました。金属電極は1980年代のソーダ電解用陽極の実用化を始まりとして、各種工業めっき用途から飲料水用途まで幅広い電気化学分野でご利用いただいております。

今後は、一層のコストダウンをはかり品質の良い優れた製品・サービスを提供するとともに、海外案件への進出を本格的に開始し、海外での製造と販売拠点を広げていく所存です。

化学産業を通して安全と安心と快適を世界へ広げるために社員一丸となり事業活動に取り組み続けます。
今後ともより一層のご支援、ご指導を賜りたくお願い申し上げます。

ダイソーエンジニアリング株式会社
代表取締役社長
髙野 早人

このページの先頭へ